デリバリーだとUberEatsや有名ですが、最近オードリーのCMで1番イキオイがあるのが“menu”です。

この記事では、menu配達員をやろうと思っている方に向けて、こんな内容をついてまとめました。

結論的には、menu配達員はUberEatsよりも稼げます。

menuとは?

デリバリーアプリ「menu」とは出典:「menu」公式ページ

「menu」はレストランの料理をデリバリー・テイクアウトできるアプリ

「menu」はレストランの料理をデリバリー・テイクアウトできるアプリ。

運営はmenu株式会社で詳しくは以下の通り。

  • 所在地   :東京都 千代田区 二番町7−5 二番町平和ビル
  • 代表者   :渡邉 真
  • 設立     :2018年10月
  • 事業内容:テイクアウトアプリ「menu」を企画・運営

2020年5月現在menuの登録店舗数は5,000店以上で、急成長中!

menu配達員の仕事

menu配達員の仕事 menu配達員の仕事 料理のピックアップ menu配達員の仕事 料理をお客様に運ぶ

menu配達員の仕事は、このようになっています。

  1. スマホアプリ“menu crew”をON
  2. お店で料理を受け取る
  3. お客様の元にはこぶ

menu配達員の専用アプリ“menu crew”

menu配達員の専用アプリ“menu crew”がこちら。

下記から配達クルーに応募した後で、ログインすることができ、すぐに仕事を始められます。

menu配達員の報酬

menu配達員の報酬の仕組み

menu配達員の報酬は下記のようになっています。

  • 基本料金 230円/1回 +  走行距離 ピック距離・ドロップ距離の合計 75円/1km
  • インセンティブ 「ランクボーナス」と「レベルアップ」
  • 条件ボーナス (ランチタイムピーク時、雨の日など)

「ランクボーナス」は配達回数に応じて基本料金が最大2倍になります。

「レベルアップ」は配達回数に応じて、レベルが上がったときに追加報酬がもらえます。

さらに、ランチタイムピークや雨の日は基本料金が上がる仕組みです。

現在、menuでは期間限定でキャンペーン

現在、menuでは期間限定でキャンペーンをやっており非常に稼ぎやすくなっています。

UberEatsの配達員と掛け持ちも可能なので、すでにデリバリーの仕事を行なっている方はやらない手はないですね。

menu配達員とUberEats配達員の違い

menu配達員とUberEats配達員の違い

menu配達員とUberEats配達員の違いは、下記の通りです。

  • menuは日本生まれのサービス、UberEatsはアメリカ生まれのサービス
  • menuはピック距離も報酬に含まれる
  • menuは早押しで配達リクエストを受け付ける仕組み
  • 配達エリア・店舗数はUberEatsに軍配
  • 現在、キャンペーンでmenuが稼ぎやすい

一言でいうと、“menuの方がキャンペーンで稼ぎやすいけど、範囲が狭い”

menu配達員のメリット・デメリット

menu配達員のメリット・デメリット

私たちが感じた、「menu配達員」のメリット・デメリットをまとめました。

○ menu配達員のメリット

  • 兼業・副業OK!スキマ時間を活用できる
  • デリバリーが運動・筋トレになり痩せる
  • Web登録だけで稼動できる
  • キャンペーンで稼ぎやすい
  • UberEatsに比べて競合がまだ少ない

× menu配達員のデメリット

  • まだ配達範囲がせまい
  • 事故リスク
  • 確定申告が必要

menu配達員の口コミ

ロングピックが多くて肉体的に結構ハード。ランクボーナス、レベルアップのシステムはゲーム感覚で面白い。最初の方はレベルが頻繁に上がって効率よく稼げる。
menu専業でやるのはまだ注文数が少ない。UberEatsとダブルオンラインで効率よく稼ぐのがいい。システムはUberEatsとほぼ変わらないから経験者には扱いやすい。

menu配達員をするなら今がチャンス!

登録はコチラ↓

おすすめの記事